.
.
.
.
.

赤光の閃光日記

ライトノベル作家あわむら赤光が書き綴る、閃光のように消えゆく可能性大のお気楽ブログです。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
.
.
.
.
2016/05/22(日)
 はっはっは。
 いやー、ようやくカテゴリのところの「作品紹介」を(31)にできますよ。
 というわけで、皆様お待たせいたしました!
 拙著「聖剣使いの禁呪詠唱」16巻を6月にお届けできます。
 
 こちらからアマゾンさんに跳んで、あらすじとかも読めます。
 あ、予約受付も、もう始まってます。
 予約受け付けも、もう始まってます。

 内容について詳しくはアマゾンさんを参照ください(説明になってない)。
 ……ではなんですので、今回もチコっと内容に触れたいと思います。


 海回再び!!
 諸葉たちが一年生の時にも海イベントやりましたので、二年生になったらもう一回やらないと嘘でしょうってことでもう一度。
 前回が3巻でしたので、実に13巻ぶり。
 リアル時間で言うと3年二か月ぶり。
 ……いま改めて思いましたけど、ワルブレもなかなかの長寿シリーズですね。応援してくださる皆様のおかげです><

 とにかく海回リターンズということで、前回よりパワーアップしてます!
 具体的には行き先がロシアというリッチな旅行なのでパワーアップ!!(強引な論法)
 サツキや静乃たちとイチャイチャするのはもちろん、カティアとイチャイチャしたりします。いやらしい。
 あと、ロシアなので今回はレーシャさんが里帰りしたり秘密特訓したりパワーアップしたり大忙しです!

 そんな楽しいイベントがありつつも、裏では六翼会議の憎いアンチクショウが毎度毎度毎度毎度陰謀を進めていて、
 諸葉とエドワードが一触即発になったりします。
 てか今回、諸葉はマジです。
 お楽しみに!

 あと……ネタバレになりますけど、今回の敵は超強い。
 最近ちょっとピリッとしない《異端者》さんですが、こいつらが本来どんだけヤヴァイか思い出させてくれます。
 もうあわむらのリアル友達に「最近、《異端者》さんてザコじゃね?」とか言わせない。


 もちろん、refeia先生の素晴らしいイラストもぜひぜひご期待ください!
 海回ですから!
 表紙のカティアの水着姿も素晴らしいですが、サツキと静乃とマヤとレーシャの水着姿をぜひお楽しみに!!
 もちろん、3巻とは違う水着ですよ!!!

 あと、カラーイラストのレーシャさんバトル絵は必見です。
 ちょおおおおおおおカッコイイ。
 魔剣ってこういうことだろ!? みたいな雰囲気も迫力も満点なんですよー。


 てな感じで、16巻もぜひお買い上げいただけるとうれしいです><
.
.
.
.
.
2016/03/31(木)
2015/09/30(水)

 第八回GA文庫大賞後期審査の結果が発表されてましたね。

 今回は4名の方が受賞!
 一緒にGA文庫を支えていってくださるとうれしいです!

 というわけで――

 
 サトウとシオさん
 徒埜けんしんさん
 西島ふみかるさん
 菱形三覚さん


 おめでとうございます!
 僕なんかがお祝いしても別にうれしくはないでしょうが、一応日本は挨拶社会ですので。

 そして、授賞式でお会いできることを楽しみにしております!
 僕なんかには別に会いたくもないでしょうが、一応本音トークで。

.
.
.
.
.
2016/02/26(金)
 コミック版「聖剣使いの禁呪詠唱」4巻が発売いたしました!!

あわむらも今日買って参りました。
原作3巻に相当する内容なのですが、一気にキャラが増えて登場するこの巻、やはり七桃先生に漫画化していただくと華やかも華やかですねえ!!
実戦部隊の面々が個性豊かで活き活きとしていて、めっちゃめちゃ楽しい巻になってますぞ!!!

あと、やっぱ水着回ですからね。
最高っすよね。水着回。

そして個人的なことを言わせていただきますと、原作3巻は六頭会議のシーンを死ぬほど気合いを入れて書いたという経緯がありまして、七桃先生もすごく力を入れて描いてくださいまして、こういうところが原作者冥利に尽きるといいますかなんといいますか、もう! もう! もう!

最後をキメる《要塞級》のド迫力と諸葉のフィニッシュブローのカッコよさも見どころ!


あわむら本気でオススメのコミック版「聖剣使いの禁呪詠唱」4巻、ぜひぜひよろしくお願いいたします。

.
.
.
.
.
2016/01/22(金)
 はっはっは。
 いやー、ようやくカテゴリのところの「作品紹介」を(30)にできますよ。
 というわけで、皆様お待たせいたしました!
 拙著「聖剣使いの禁呪詠唱」15巻を2月にお届けできます。

 こちらからアマゾンさんに跳んで、あらすじとかも読めます。
 あ、予約受付も、もう始まってます。
 予約受け付けも、もう始まってます。

 ……というか本当に、ついに30冊目という大台に乗るまで本を出すことができました。
 デビューしてもうすぐ8年目を迎えますが、感無量なところがあります。
 30冊も本を出してくれたGA文庫に感謝を忘れたことはありませんが、でもやっぱり応援してくださる読者の皆様があっての話なわけです。ずっと支えてくださって、ありがとうございます!
 そして僕も決して気持ちに一区切りなどつけず、2016年もこれからもずっとずっと、面白い本を出していくべく全力でとりかかりますので、今後ともよろしくお願いいたします。


 そんな記念すべき(?)ワルブレ15巻ですが、諸葉たちがついに二年生に進級します。
 進級します、とか言いましたけど、「わーいクラス換えだー。゚(*゚´∀`゚)゚ノ」みたいなイベントは全てすっとばしてもう一学期も末のお話です。

 校長になった石動が、亜鐘学園の強化のためにいろいろ改革を推し進めているのですが、その目玉になるのが、「ランクA昇格」という賞品をかけた、石動との試合です。

 挑戦者はサツキ&春鹿コンビ。
 14巻で静乃がランクA認定受けたため、置いてけぼり感ある二人としては、昇格に並々ならぬモチベがあるのは当然。
 しかし、立ちはだかるのは石動迅。
 手を抜かない石頭、石動迅。
 あの諸葉が強いと認める石動迅。

 大変だー! ということでサツキ&春鹿を応援していただけるとうれしいです。


 そして、その石動迅さん。
 自分に厳しい男ですので、周りに強くなれと言っているからには自分をもっと追い込む男です。
 追い込んでこんがらがりそうな不器用な男です。
 その男にヂーシンが接近して、何やら吹き込んで契約を交わしちゃったりします。

 どうすんの、諸葉さん?
 大変だー! ということで、いったい何が起きるのか、15巻を楽しみにしていただけるとうれしいです。


 もちろん、refeia先生の素晴らしいイラストもぜひぜひご期待ください!
 今回は戦うシーンを主にイラスト化していただいてるんですが、とにかくどいつもこいつもカッコイイです!
 中でも挿絵比率的に信じられないほど多くしていただいている石動迅のいろいろな顔、雄姿、イラストは滅茶苦茶カッコイイのでぜひぜひご覧になっていただければ!!
(個人的には座ってるだけでもうエロい静乃さんのカラーイラストが大好きなのですがゲフンゲフン)


 てな感じで、15巻もぜひお買い上げいただけるとうれしいです><
 ドラマCD付きの限定特装版の方もよろしくお願いいたします!




 


 
 

.
.
.
.
.
2015/12/08(火)
 そろそろ予約締切が近づいて参りましたので、宣伝記事を書きました。
 来年2月に刊行される拙著「聖剣使いの禁呪詠唱」15巻には、ドラマCDの付いた限定特装版も発売されます!

 こちら、いわゆる「買切商品」と呼ばれるもので、書店様の売り場にはそんなに数を並べていただけないことが予想されます。
 ドラマCD第二弾の時にはちょうどアニメ放映中でしたので、愛と冒険心に溢れる書店様がけっこう並べてくださって、感激したのですが、今回はさすがに……ネッ!

 というわけで、ご購入を希望してくださる読者様は、予約していただくのが絶対確実です!
 拙著14巻の帯がそのまま予約のための用紙になっておりましたし、GA文庫の11月刊や12月刊にも予約用紙が封入されていることかと思います。
 そちらにご記入いただき、最寄りの書店様にお持ちいただけると、さっくり予約できますです。

 ドラマCDの内容についてですが、今回もあわむらが脚本を書き下ろし、コメディタッチのお話になっております。

 ひょんなことから諸葉が記憶喪失になってさあ大変というストーリーで、それをいいことに、サツキ、静乃、レーシャ、マヤ、春鹿の五人があることないこと吹き込もうとする、しかもイギリスの狂犬さんが大乱入してしっちゃかめっちゃか……ぜひご期待ください!w

 気になる役者もアニメでやっていただいた皆様に再集結していただいております!!
 つまり、超豪華ってことです!!!!

 ちゃんとご紹介いたしますと、

灰村諸葉役:  石川界人さま
嵐城サツキ役: 竹達彩奈さま
漆原静乃役  悠木碧さま
四門摩耶役  小倉唯さま
百地春鹿役  内田真礼さま
レーシャ役  上田麗奈さま
アンジェラ役 小見川千明さま

となっております。


 かなり前にアフレコも終わり、あわむらも立ち会わせていただきました。 
 原稿が全く終わってないヤバイ時期でしたが、ずっと前から担当編集のまいぞーさんに「絶対にアフレコ行きたい」「というか行けなかったら多分、原稿を書く気力がゼロになる」「そうしたら原稿を落としてしまう」「まいぞーさんのせいで落としてしまう」とネチネチ脅迫を続けた努力が実り、全く綺麗じゃない体だったのに、ちゃんと見学に行けました。第一回の時みたいに、モンハンしていたら終わっていたという悲劇は繰り返されませんでした。

 しかも、まいぞーさんはいい担当編集でして、その日、全ての収録が終わるまで原稿の催促を一切しなかったんです。
 気持ちよく僕に見学させてくださったんです。
 終わった後、ご飯を食べに行ってからは三分に一回の頻度で催促され、「原稿、マジよろしくお願いしますよ?」「締め切りもう来週ですからね?」「すぎたらもう本が出ないですからね?」「あわむらさんのせいで出ないですからね?」とネチネチ言われる悲劇が起こりました><
 せっかくのジンギスカンが喉を通りませんでした。

 余談はさておき、アフレコを通じて確信いたしました。
 今回のドラマCDも最高に面白いです!
 脚本こそ僕のものですが、そこはさすが役者の皆さんの熱演がすんばらしく、いい作品にしてくださいました!!
 コメディもキレキレ、一弾二弾よりちょっと多めになったラブの部分もニヤニヤです。
 だから自画自賛でなく、「これはすごいよ!」と断言できます。

 そんなドラマCDが付いてくるお得な限定特装版をよろしくお願いいたします!
 ご予約お願いいたします!!


 



.
.
.
.
.
2015/09/30(水)
 第八回GA文庫大賞前期審査の結果が発表されてましたね。

 今回は3名の方が受賞!
 一緒にGA文庫を支えていってくださるとうれしいです!

 というわけで――

 機村械人さん
 中村ヒロさん
 山貝エビスさん

 おめでとうございます!
 僕なんかがお祝いしても別にうれしくはないでしょうが、一応日本は挨拶社会ですので。

 そして、授賞式でお会いできることを楽しみにしております!
 僕なんかには別に会いたくもないでしょうが、一応本音トークで。

.
.
.
.
.
2015/09/25(金)
 はっはっは。
 いやー、ようやくカテゴリのところの「作品紹介」を(29)にできますよ。
 というわけで、皆様お待たせいたしました!
 拙著「聖剣使いの禁呪詠唱」14巻を10月にお届けできます。
 
 こちらからアマゾンさんに跳んで、あらすじとかも読めます。
 あ、予約受付も、もう始まってます。
 予約受け付けも、もう始まってます。

 内容について詳しくはアマゾンさんを参照ください(説明になってない)。
 ……ではなんですので、今回もチコっと内容に触れたいと思います。

 物語の始まりは春休み!
 ということで、諸葉が帰省します。
 今までずっと存在だけが語られてきた叔母さん叔父さんが出ます。
 帰省先がないマヤとレーシャも連れて来たので、てんやわんやになります。

 しかし幸せな時間は長く続かないのが諸葉さん。
 六翼会議がどうも日本支部長を狙ってるんじゃないか? 日本支部が近々襲われるんじゃないか? とかぎつけたエドワードの要請で、上京します。

 そのついでに静乃の祖父に遊びに来いって言われます。
 ぶっちゃけ漆原家のラスボスです。
 理事長とは格が違います。

 14巻はそんな楽しい日常シーンもいっぱいですが、バトルもいっぱいです!
 12巻で煮え湯を飲まされた静乃たちが奮起します!
 シャルルら太陽の揺籠まで六翼会議を潰すために駆けつけます!
 そして、諸葉はついに駿河安東と邂逅します!!

 そんな内容盛りだくさんの14巻をどうぞお楽しみに。

 もちろん、refeia先生の素晴らしいイラストもぜひぜひご期待ください!
 奮起する静乃さんの奮起するシーンが、イラストが超絶かっこいいです。カラーイラストはある意味ネタバレの宝庫ですけど、でもそれでも、ここをカラーで描いてもらわないでどうする!! っていうシーンをバシィッと決めていただきました。
 あとはついに登場する駿河安東や、恐らく今後ろくに出番ないんでデザインを遠慮していたのにrefeia先生がそっと描いてくださった静乃の爺さんなどなど、多士済々のイラストをぜひぜひお楽しみに!
 
 てな感じで、14巻もぜひお買い上げいただけるとうれしいです><


 

 



.
.
.
.
.

Before  | Copyright © 赤光の閃光日記 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。