.
.
.
.
.

refeia先生初画集発売!!!

ライトノベル作家あわむら赤光が書き綴る、閃光のように消えゆく可能性大のお気楽ブログです。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2014/12/20(土)
 refeia先生の初画集、買って参りました!!

 それkwskという皆様はぜひ、refeia先生のサイトをご覧くださいませ。

レフェさん画集

(今から開ける瞬間の写真です。ドキドキです)

 そして、開けたあああっ。

 なんか、こー、画集の感想として適切かどうかわからない、怒られそうで怖いのですが、強い郷愁を感じてしまいました。

 一枚一枚ページを開くたびに、「あー、このイラストあった、あった」とか「そー、すごくよかったんだよー」とかいろんな思いが込み上げてきて、すごくいいんです。

 また、各イラストにrefeia先生のコメントが載ってて、定番の趣向ではあるんですが、やっぱりこれがいい!
 僕は先生のイラストの一ファンでしかないですが、先生と一緒に読み(読む?)進めているような錯覚に浸れるんですよー。

 ぜひ、皆さんの中の「refeia先生・ザ・ベスト」イラストを探してみてください。
 それを大判で手に入れた幸せを噛みしめてください。
 
 僕の中のベストはどれでしょーねー。
「全部好き(きゃっ)」
 ていう本音もあるんですが、記事として面白くないので敢えて踏み込みますと……。

 やっぱり「聖剣使いの禁呪詠唱」や「あるいは現在進行形の黒歴史」のイラストはどうしても贔屓目に見ちゃいますねw
 特に本文を自分が苦労して書いた思い出まで蘇っちゃったので、感慨深いです。
 でもこれは「イラストの楽しみ方」として反則かな!

 というわけで他のイラストに目を向けますと、「晴れた空にくじら」3巻の表紙イラストが印象深いです。

 古参のファンの方に怒られそうですが、僕がrefeia先生を強烈に意識し始めたのは、
本屋の売り場でこのイラストが目に焼き付いてからでして。
「ある黒」をスタートする時に、どなたにイラストをご担当いただくか、案を聞こうかとへんしうちょうに言われた時も、
このイラストを脳裏に思い浮かべながら「refeia先生にぜひオファーお願いします><」と即答したくらいです。

 その時はこんなに長くお世話していただけるとは想像してもなかったんですが、全くあわむらは幸せです。

 また、先生の著作である「萌え柄の教科書」の、肌の塗り方講座の回に使用されたイラストが、当時すごいインパクトがありまして。

 下世話な話、こー、「なんて実用的なんだ!!」的な衝撃が……ネッ
 やっぱり本能にダイレクトアタックは強いです。


 そんな感じでrefeia先生のイラストについて語りだすと止まらなくなるのですが、ぜひ皆さんも画集を舐めるように見ながら、一晩中本に向かって話しかけていただきたいです!!
 オススメ!!!







この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://awamura.blog88.fc2.com/tb.php/609-138d3576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
.
.
.
.
.

 | Copyright © 赤光の閃光日記 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.