.
.
.
.
.

第五回GA文庫大賞授賞式

ライトノベル作家あわむら赤光が書き綴る、閃光のように消えゆく可能性大のお気楽ブログです。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2013/06/12(水)
 ものすごく今更感のある日記なのですが、先月5月の半ばに行われた、第五回GA文庫大賞授賞式に今回も行ってきましたよ! 的なネタを一つ……。

 いえホント色々な仕事が山ほど積み重なってるわ、一週間も上京して遊んでたわ(ここ自業自得)、その後の旅疲れでグロッキーだったわ(ここも自業自得)で、帰ってから今日の今日までヒィヒィいって原稿やってまして、日記を書く時間すらまともにとれませんでした!

 で。
 今回も前日には上京しておりましたので、朝からゆっくりお風呂入ったり、(パーティー中は食べる暇あったらガッツリおしゃべりしたいので)先にガッツリ腹ごしらえするためにまんたさんとウナギを食したりと、優雅に準備して会場へ向かいました。

 パーチー開始直前くらいに新人さん方とご挨拶させていただいて、名刺交換などを。
 今回は6名(残念ながらお一人欠席)でしたので、名刺交換もジェットストリームアタックにならずに済み、お一人お一人と(比較的)ゆっくりとおしゃべりできましたね。

 立食形式のパーチーが始まって、色々な作家さん方ともお話させていただいたんですけど、ふと思ったのが、「GA大賞出身作家が増えたなあ」という当たり前の話なんですが、妙に感慨深い思いです。
 久々に会う方々と調子どう~? なんてお話させてもらってるうちに一次会終わって「え、もう!?」ってちょっとびっくりしました。

 拙著「あるいは現在進行形の黒歴史」と「聖剣使いの禁呪詠唱」のイラストを担当してくださってるrefeia先生とも色々お話できました。
 中心は「禁呪詠唱」の通力の色についてですね!w
 キャラ個々人によって色が違うというメンドクセー設定にしたわけですが、それはイラスト面でのキャラデザインにも関わってくるわけでして、新キャラを出すたびに「こいつの通力は何色にしよう」と悩み、refeia先生にアドバイスをいただいたりするわけです。
 で、この日はガッツリとお話いただきまして、refeia先生はイラスト講座本を刊行されたり、講師をされたりするほどの理論家なので、理路整然と「そのキャラクターに映える色」のお話をしていただいたのですが…………つまり、今後もプロフェッショナルであるrefeia先生にお任せすればいいんだ! という悟りを開くことができました!w
 さすが先生、お話を聞くだけで悟りの境地に達するのも余裕だぜ。


 他にも念願叶ってついにみっひーさんとお話できたぞー!
 第5回にしてようやくできるなんて、ほんとはぐれメタルウサギですね!w


 そして、二次会では居酒屋に移動です。
 今回、僕はちょっと移動が遅れ気味になってしまって、既にほとんどの席が埋まっていて「どこにすべー?」と迷いました。
 で、探し回ったら人望溢れるK村へんしうちょうの周りが過疎っていたので威厳が強すぎて気後れする方がたくさんいたので、仕方なく(あっ)そこへ。
 お昼にウナギ食べたって言いましたけど、本当に久しぶりに食べたんですけど、ウナギってやっぱエネルギーすごくて、二次会になってもまだお腹すかなくて、へんしうちょうがしきりに「これ食べなよ~」「これも食べなよ~」と子どもみたいないやがらせ大人らしいいたわりをしてくださったのがうれしかったです。

 以上、二次会までがソフトバンク クリエイティブ様が主催してくださった授賞式です。
 ゴチになりやした!><

 そこからは有志による(要するにとても偉い方々が引っ張ってくださる)三次会です。

 でまあ、どこへ行くかと話し合いまして、とりあえずダベるだけならカラオケでいんでないか、お腹すいてきたら河岸変えればいんでないかという結論になりまして、適当にカラオケ屋さんへ入ったわけですよ。

 そしたら、隣の部屋に新人さんたち六人がいるという偶然w

 彼らは彼らで互いに親睦を深めようとカラオケやってたらしいんですが、僕らと全然示し合わせたわけでもないのに、無数にあるカラオケ屋さんの無数にある部屋で隣同士になるという偶然w

 最初は「まあまあ、皆さんは皆さんで積もる話がおありでしょう」と別々に楽しんでたんですが、結局最後は入り乱れてダベるよね、とw

 疲れた方から順次帰るって流れでしたが、新人さんの中には徹夜で遊んでいく猛者もいてやっぱ若い人は元気だなあ、と!
 僕は若くないけど始発まで遊んでたけどね!

 授賞式に参加させていただくのは自分の時を含めてこれで5回目ですけど、毎度毎度会ってくださる皆様のおかげで楽しい思いをさせていただいてます。
 来年のパーティーが今からもう楽しみです!!w 
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://awamura.blog88.fc2.com/tb.php/543-99e3d9e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
.
.
.
.
.

 | Copyright © 赤光の閃光日記 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.