.
.
.
.
.

絶望した!

ライトノベル作家あわむら赤光が書き綴る、閃光のように消えゆく可能性大のお気楽ブログです。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2009/09/11(金)
 スラックスのおかげでラギア苦手でなくなったのでその素材で雷太刀を作り、雷太刀でレイアレウスを乱獲して火竜の翼爪を集め、欲しがってた村人に納品してストーリーを進めました。
 こういうわらしべ長者的というか、計画して効率よく素材収集するのもモンハンの醍醐味ですよね。

 さあ、いよいよ大海竜と決戦! と意気込んでいたら、ウラガンキン狩って来いと言われました。
 生息地が火山であることや、アイコン見ただけでゴツそうなので、グラビポジションではないかと容易に想像がつきます。生唾飲みます。

 グラビといえば、どこ切っても弾かれまくられるゲームが成立しない憎いアンチクショーです。
 といって、スキル等で弾かれなくなった途端、動きが鈍くて単調なので狩るのが作業めくどこまでもダメなお人です。
 ウラガンキンもその懸念は拭えません。

 ちなみにウラガンキンは狩猟クエと捕獲クエが同時に出てきて、好きに選ばせてくれるようです。
 どっちで行くべきか慎重に検討します。
 決め手はサブクエの条件。

 狩猟クエはAが「顎の破壊」でBが「竜のナミダの納品」
 捕獲クエはAが「尻尾の切断」でBが「気絶させる」です。

 というわけで、チキンなあわむらは「最悪サブクリで逃げる」ために捕獲クエを選択。
 顎は99,9%の確率で堅いので破壊困難を予想されますし、竜のナミダは落とす条件が不明。
 比べると尻尾はまだ切れそうな予感。
 というか、尻尾切れない相手ならゲーム成立してないので即リタです。

 というわけで行ってきました、ウラガンキン。
 ちなみにこんな姿

 戦う前はいろいろと不安もあったのですが、やってみると杞憂でした。
 まずグラビと違って堅い部位にメリハリついてます。全体に背中側がゲロ堅く、お腹側は大剣でも切れます。グラビみたいに「羽切るしかないんで、ブレス吐くまでボケっと待っておく」という苦痛はありません。
 慎重に切ればちゃんと戦えますし、適当に切れば弾かれて痛い目に遭う=ゲームとして正しい、やりがいある試練です。
 また、動きは遅いのですが、かといってグラビみたいに「喰らう気がしねー^^;」というほどではなく、動きも多彩でちゃんと「戦い」になります。

 いいじゃないですか、ウラガンキン! 面白いモンスターです。

 あと、アルマジロみたいに丸まって、タイヤみたいに転がって攻撃してくるのがあわむら的にお気に入りです。
 ただ、直進はいいんですが、グルグル回る奴、あれはキッツイですね。かわせません……。

 そんな感じで面白いのは面白いんですが……見事尻尾切断した時には25分経ってました……。
 これ、本体殺すの無理だろ……?
 ということで、鉱石掘ってサブクリしました。
 不満感はないのですが、ちょっと倒し方を考えないといけませんね。

 時間がないのでもう一回挑戦するのは断念し、モガの森へ行ってきました。
 リオレウスから取れる(可能性のある)アイテムで、交易したいものがあるんですよね。
 ギルドール(赤)。
 そう、僕の嫁、看板娘のお人形です……。
 これヤバくね? 大人のオモチャ的な匂いがしね? とずっと目をつけていたのですが、ついに手に入れました!
 携帯でちょい荒いですが、これが画像です。



看板娘人形


 だまされたああああああ……orz

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://awamura.blog88.fc2.com/tb.php/42-2e1b5db3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
.
.
.
.
.

 | Copyright © 赤光の閃光日記 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.