.
.
.
.
.

交易始めました。

ライトノベル作家あわむら赤光が書き綴る、閃光のように消えゆく可能性大のお気楽ブログです。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2009/08/27(木)
 先先とゲームを進めることに反省しました。
 ボルボロスとかチャナガブルとか、装備整えたらメチャ楽になったのでw
 もうちょっとゆっくり楽しむか~という気分に。

 というか、ドスの欠点として、「あるモンスターを狩るのに適した装備を作ろうと思ったら、そのモンスターの素材でしか作れないという矛盾」があったじゃないですか。
「シェンガオレンにうまく近づけないんですけど?」>「耐震装備作ってください」>「じゃあ、どいつの素材で作れるんですか?」>「シェンガオレン素材です」みたいなのがw

 あれですよ。むかし、封仙娘娘追宝録のあとがきで、「碁をやりたいが勝敗の着け方がよくわからないので始められない」>「碁の本を読む」>「何戦もやってるうちにわかるようになると書いてある」>「頓知か?」みたいなこと書いてありましたが、そのノリですw

 話の腰が折れました。
 P2Gで大分緩和されてましたが、3はもっと改善されてるんですかね?
 発売前は「どうせ、泳ぐスキルはラギアクルス装備だろwww」的な皮肉が蔓延してましたが、フタを開けてみるとルドロスっていう雑魚狩れば(柔らかいけど)泳ぐスキル装備作れたわけですよ。
 耐泥装備も砂漠の草食獣狩れば手に入るわけですよ。
 こういうのっていいですねー。
 最後までこうあることを願います。

 てな感じで装備をちょっと整えてみるか!……って前にまず特産品やら交易やらやってみようかということに……。
 モガの森にろくに行ってなかった私……。

 ついでにチャチャが新しいお面「肉焼きのお面」を閃いたと言うので作って実戦投入。
 四角い七輪みたいなやつを被ってます。可愛いというより猟奇的です。
 しかも、生肉渡してもちっとも上手に焼いてくれません。
 早まったか……。

 それはさておき、村長の息子がペッコ先生が森にいるってんで、超パワーアップした水属性のポンデ片手剣持って行きました。
 なんか三分くらいで狩れました……。
 なに? 属性武器強すぎ? 片手剣が強すぎ? どっち?
 まあ気持ちよかったんでいいやw

 そんな感じでモガの森出ちゃあドスジャギィとかペッコ先生とか狩ってたんですけどね。
 ちょっと調子に乗りすぎたんですよね。
 ロアルドロスいたんですよね。推定、水耐性アリアリの。
 まあ、見た瞬間村に帰ってればそれでよかったんですけどね。
 若気の至りというか……意地張っちゃいましてね。
 倒すころには、気づけば1時間経ってました……。
 無駄なことするんじゃなかったです(涙

 でも、おかげで貴重な特産品ゲットできて、貴重な交易品と交換できました。
 三バカ漁師の船がパワーアップしたり、チャチャが変な踊り覚えたりしました。
 インテリアは何か意味あるのかな―? 飾るとパワーアップするとか。
 ただの飾りかなー?

 そうそう、村長の息子といえば、盟友のクロニカさんがこんなオリジナル漫画書いてたんですが、ありえないですよね。
 だって看板娘は僕の嫁だし。
 村の近所の森で迷った挙句、草食獣も狩れずに餓死しかけるような尻丸出しのオッサンを好きになるわけじゃないですか。ハハハ。

 看板娘は台詞が色々と面白いんですが、クエ出発前にランダムで色々喋るんですよ。あれ面白いですよね。

 お帰りは明朝ですか? 

 なんて言われた日には「今夜は帰さないぜ」って言いたくなりますよね。
 そもそも連れてけませんけど。


 以下、コメントレスです。

>未だに提灯一度も切れなくて涙目です

 あれは難しいですよね。つい頭叩いちゃう。
 かなーり面倒ですが、水面で戦ってると、ちょうど提灯だけがニョッキリ水上に出てるので(上下高さ気にしなくていいし)叩きやすいかも? です。
 面倒というのは、水面からチャナさんのお姿がぼんやり見えなくなったら、こっちも急速潜航しないとヤマモドキ吸い込みでアボーンします。水面と水底の行ったりきたりがダルくなかったら、お試しあれー。
 なんにせよ、提灯はけっこう柔らかいようで、適当に叩いてても自然に壊れることもw レッツトライ!
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://awamura.blog88.fc2.com/tb.php/26-f356f91a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
.
.
.
.
.

 | Copyright © 赤光の閃光日記 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.