.
.
.
.
.

年末回想記 その2

ライトノベル作家あわむら赤光が書き綴る、閃光のように消えゆく可能性大のお気楽ブログです。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2010/01/10(日)
 一昨日の日記について、「29日以降はどうしたんじゃい!」というツッコミがあったので、書いてみます。
 特に何もなかったんで、書かなかったんですけどねー。
 それでも望まれれば書きます! 書くともさ!

 29日は昼間は東京観光したり、有名なチョコレート店の行列並んでたりしてるうちに夕方が来て、忘年会に行ってまいりました。

 ここでの予言通り、まんたさんはずーっと、みつるん、みつるん、言ってました。
 鳥羽さん困ってました。
「オルキヌス」は熱狂的なファンの方が多い作品と聞いてますが、まんたさんは間違いなくその一人だな。

 あと、同期の海堂さん(二月にデビューしますよー)と、「あわむらさん、食事どうしてるんですか?」って話になって、「赤坂中心に珍しいもの食べてます。ネタ仕入れのために」って答えて、「珍しいかどうかはともかく赤坂サカスの中にある赤坂離宮は有名ですよ」って海堂さんが教えてくれて、「早く言ってよ! 超スルーしてたよ!」とか僕が逆ギレしてました。

 あと、鍋料理に出てきた伊勢海老の殻が超でかかったです。
 せっかく写メ撮ったんですが、後ろに鳥羽さんが映ってて公開できません。残念。
 ちなみに殻じゃなくて中身の方は言わずもがなw


 30日。
 せっかくなのでお昼はその赤坂離宮に行ってみようと攻めました。
「年末なのでお休みします」って張り紙してありました。
 おのれくちおしや……。

 その後、コミケに行ってきました。
 お目当てのものは特になく、冷やかしに行っただけですので、もう空いてるだろう昼から行きました。
 全然空いてませんでした。(*1)

 けどまあ、渋滞で一歩も進めないなんてことはなく、常に移動はできたのでストレスはあんまりなかったです。
 コミケの動線考えた人はすごいですね。

 最初に行ったのはGAブースさんです。
 知ってる方、誰もいなかった……。
 nekopyonさんいらっしゃらないかなー? と期待して行ったのに。
「きんいろのたからもの」を眺めながら、ニャル子さんのYES/NOクッション買いました。
 大きかったら持ち運び不便だなと懸念してたのですが、ほどよいサイズで安心。

 その後、このブログにもしょっちゅう書き込みくださっている、「じんじゃえーる」の原中三十四さんのとこを冷やかし、速攻お別れを。
 あの男はリアルイケメンのため、五分以上同じ空気を吸っていると、あわむらは嫉妬マスクとなってしまうのです!

 というのは嘘で、普通に冊子買って、普通にまたお会いしましょうと約束してお別れしました。
 連れがいたんでゆっくりできなかったんですよねー。

 で、最後にコスプレ見物して来たんですが……。
 これが予想外に見応えありましたね! (注:効果は個人差があります)
 正直、僕はコスプレというものを舐めてたところがありまして、ネット上でたまに写真とかうpされてるのを見ても「びみょー……」とか思ってたんですが、実物は全然違って見えました。
 例えば、写真とかで青い髪やピンクの髪のかつらを見るたび「どうなのよ……」とか違和感バリバリだったんですけど、実物は光沢を放ってて綺麗ですた。
 見物してて楽しかったです。(注:効果は個人差があります)
 これは認識を改めさせられましたねー。(注:効果は個人差があります)

 あと、「何を当り前のことを言ってるんだ……」と怒られそうなんですが、やっぱプロの漫画家さんや絵師さんがデザインした衣装は、そもそもが特級にかっこいい/かわいいんだな、とこれも再認識。
 3D化して、目の前で見て、よーっくわかりました。

 まあ、そんなこんなで初コミケは予想と逆に楽しめました。
 帰りの電車は駅員さんに誘導してもらってたら、逆方向乗ってましたけどね!w

 *1
それでも二日目昼は人混みヌルかったそうです。
あれで……?


 で、31日はもう昼前には飛行場行って、帰っただけです。
 友人に「ねんりんや」のバームクーヘンがいいとオススメされてたんですが、ターミナルが違って買いに行けず。
 あれがちょっと未練でしたなー。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://awamura.blog88.fc2.com/tb.php/162-0a388497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
.
.
.
.
.

 | Copyright © 赤光の閃光日記 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.