.
.
.
.
.

じゃあいつもはどうなんですかと訊きたくても訊けないお話

ライトノベル作家あわむら赤光が書き綴る、閃光のように消えゆく可能性大のお気楽ブログです。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
.
.
.
.
2009/12/11(金)
 本日は求人区に行ってきました。
 トライ初めてもう4カ月が経とうかとしているのですが、実はこれが初体験ですw

 とにかくベリオさんの牙と爪がいくらあっても足りない。
 検索機能で適当に部屋を探し、ジャンプしました。
 ドス時代からすると一年以上求人区ブランクがあるので緊張です。

 難しいんですよね、求人区は。
 周りがすごすぎると「あれ、今、俺地雷なってないよね? ギリギリセーフだよね?」みたいに気を使いますし。
 周りが別の意味ですごすぎると「あれ、俺、求人区来た意味なくね?」と思いますし。
 人間わがままなものですw

 でまあ日記的には別の意味ですごい方がネタになった気もしますが、普通にいい部屋に入れました。
 あと、どんどん人が入れ替わりましたが普通にいい人ばっかで、ストレスなく全部位破壊5分針安定でした。
 おかげで牙も爪もザクザク手に入ったぜ。
 まあ、必要量には遠く及ばなかったのですがw

 途中、入ってきた人が「どっかで見た名前だなあ……」とか思ってたら、フレさんだったのも大きかったかも?w
 ボウガンやってくれましたし。
 僕のようなベリオの速さに翻弄されて「なん……だと……」とか言ってるレベルのヌルプレイヤーだと、麻痺弾嬉しいです。

 ともあれ一時間ほどやって、「なんだ、心配することもなかったな。そうだよ、ドスの時だって求人区はこんなものだったじゃないかハハハ」と上機嫌に部屋を退室した後、フレさんから一言。

「今日は珍しく求人区らしい部屋だったね」

 ……………………え?
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://awamura.blog88.fc2.com/tb.php/145-317ee28d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
.
.
.
.
.

 | Copyright © 赤光の閃光日記 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。