.
.
.
.
.

陣形発動

ライトノベル作家あわむら赤光が書き綴る、閃光のように消えゆく可能性大のお気楽ブログです。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
.
.
.
.
2009/11/28(土)
 せっかく二人とも炎槍アグナコトル作ったんで(昨日も言ったな……)、本日は鳥羽さんとベリオロス狩りに行ってきました。
 ベリオG鎧は優秀なんで、早く一式欲しいなー。

 んで、二人でランス担いで行ったんですが、どうも奴の速さに翻弄されてしまいます。
 いや、防御はいいんですよ。ランス鉄壁です。
 問題はどうも攻撃チャンスが少ない。
 突進にカウンター合わせても、反撃する前に遠くへ駆け抜けられますし。
 討伐時間的にはグダグダでした。

 ちゅうことは、壁際でカウンター突きしてればいいのかな? とランス初心者みたいなことを思いつくあわむらw
 後ろに駆け抜けるスペースを与えなければ、カウンター突きが入るはずだ!

 ……という目論見は成功した二戦目。
 しかし、今度は鳥羽さんとお互い突き合ってしまうという事故多発。
 スーパーアーマーの付かないランスの泣き所です。
 やっぱり討伐時間はグダグダでした。

 そこで鳥羽さんが「僕とあわむらさんで前後に並んでは?」と提案。
 それのったぜ!

 というわけで鳥羽さんが壁際にべったりついて、僕がベリオ一頭分くらいの距離を空けて前に立ちます。
 これが大成功!
 離れているのでお互いに突き合うことはありませんし、ベリオ突進にカウンター当てれますし、もっというとベリオが鳥羽さんを狙った時は僕と前後に挟んで尻尾突き放題です。
 ベリオの尻尾は今までけっこう斬るの苦手としてたんですが、これで部位破壊も楽々!
 対ベリオロス陣形完成!

 特にエリア2の東側にタコツボみたいになってるところが最強の地形です。
 そこで前後に布陣すると、気持ちいいくらいベリオを誘いこんで突きまくれます。

 いやあ、これは新鮮でした!
 そのうち飽きそうですけどw
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://awamura.blog88.fc2.com/tb.php/138-f0fb9375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
.
.
.
.
.

 | Copyright © 赤光の閃光日記 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。