.
.
.
.
.

あわむら的反省タ~イム2

ライトノベル作家あわむら赤光が書き綴る、閃光のように消えゆく可能性大のお気楽ブログです。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
.
.
.
.
2009/11/14(土)
 えー、先日GA文庫ブログでK村へんしちょうより、こんなネタを振られたのですが……。

 ……。

 つまり、へんしうちょうが、一ペーペー新人作家である僕に、以下の指令を命じられた、と。

1、筒井康隆の「最高級有機質肥料」を読む。
2、ジューシィなハンバーグを食す。
3、新たな世界に目覚める。

 と……。
 あ、ちなみに僕は筒井康隆は既に歴史に名を残すだろう文豪という認識ですので、敬称略です。
 歴史の教科書で伊藤博文閣下と書かないのと同じノリです。
 生き神様です。

 話逸れました。
 まあ、なんといいますか、「本を閉じたとき、お前は新しい世界に自分が足を踏み入れたことに気付くであろう」などと仰ってますが、間違いなくトラップ的な何かですよね。
 むしろ、あからさまな罰ゲームですよね。
 ゲーム風に言うと、死亡フラグですよね……。

 僕、何かへんしうちょうの逆鱗(捕獲2% 頭部破壊2%)に触れることしたんかなー……。
 先日の打ち合わせで、ド新人の分際で焼き肉豪遊して、経費ぶっちぎってしまったんかなー……。

 ともあれGA文庫でへんしうちょうに逆らうと社会的に抹殺されてしまうので、僕は従うしかありません。
 以下にレポートします。閉じてあります。
 GA文庫ブログにもありますように、食事前、食事中、あっちネタがダメな方は避けてくださいませ。
 また、「最高級有機質肥料」のいわゆる、ネタバレ感想になりますので、それを避けたい方も。
*

 それではミッションスタート!

 まずは 「最高級有機質肥料」が載っている、「ベトナム観光公社」を買ってきました。
 少し古い本なので、地元で売ってるかと心配しましたが杞憂でした。
 さすが筒井康隆。

 そして、おもむろに読んだのですが、普通に読んでも面白くないので、お腹を空かせてから読むことに。
 朝食を抜き、昼食を我慢し、18時にお店へ行きました。
 僕的に結構好きで、しばしば利用するお店です。
 そこの包み焼きハンバーグが美味しいのです。
 ソース代わりにビーフシチューで半煮込みされ、トロトロのゴルゴンゾーラチーズが載ってます。
 付け合わせはじゃがバターが一個丸々。
 およそ1300円と、あわむら的には豪勢なお食事ラインです。
 ハンバーグ食べ終わった後は、無作法を承知でたっぷり残ったビーフシチューソースにライスをぶっこみ、混ぜて綺麗に平らげるくらい好きです。

 ああ、味を想像しただけでお腹がすく……。
 物書きの端くれとして、その状態を文学的に表現しますと、

食欲度:★★★★★★★★★★

 と、なります。
 というわけで、お店の人にハンバーグを注文し、出来上がりを待つ間に読書開始。

 SF作品のようです。
 お役人様の主人公が、上司の娘を妻にもらいたいため、誰も行きたがらない惑星に親善大使として赴き、異星人と友好関係を作る指令を受けるというストーリーでした。
 上司に無理難題を突きつけられる、という辺りに感情移入できます
 過去に赴任した親善大使は尽く、精神を病んで帰ってくるそうです。
 先行情報を持っているので、「誰も行きたがらない惑星」がどんな惑星なのか、早くも想像がつきます。

食欲度:★★★★★★★★★☆

 主人公、惑星に到着。
 植物から進化した異星人とコンタクト。
 植物だっておwwww(バンバン AA略)

食欲度:★★★★★★★★☆☆

 異星人は極めて友好的で、主人公大歓迎されます。
 さっそく晩餐に招待されました。
 異星人の晩餐……。
 もわもわと想像が浮かびます。

食欲度:★★★★★★★☆☆☆

 てっきり、会食形式で、テーブル上に山盛りウ●コかと思いきや、普通の料理でした。
 主人公、美味しい美味しいと食べてます。
 ぬう、予想を裏切られた。
 さすが筒井康隆、そんな安直な話じゃなかったぜ……。

食欲度:★★★★★★★★★☆

 なんで異星で地球人のご飯が食べられるのか?
 地球に留学したすんげーコックがいるからだそうです。
 しかも異星人、そのコックを下働きとして主人公に紹介してくれるようです。
 主人公、大喜びで家に帰っても食いすぎます。
 ふむ……?

食欲度:★★★★★★★★★★

 と、思ったら、翌日異星人が主人公の家に押しかけてきたwww
 ボットン式の便器漁りだしたwww

食欲度:★★★★★★★★☆☆

 異星人ども、地球人の排泄物が最高の食事とか言い出したww
 ちょww ひりょうwwww
 植物すぎwww 修正されるねwwwwwww

食欲度:★★★★★★☆☆☆☆

 異星人ども、主人公のウ●コの味わいをていねいに語り出したww
 主人公、食い過ぎていっぱい出したとか、むしろ下し気味とかwwww
 ちょww コック異星人のトラップwww

食欲度:★★★★☆☆☆☆☆☆

 しかも超長文www 美味しんぼとか目じゃないwwwww
 宝石を食べてるみたいとか、舌の上でしゃっきりぽんとかそんなチャチなもんじゃ断じてないぜwwwww

食欲度:★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 あ、もダメwww
 ウ●コの状態とか回虫とかは先に心臓叩いてたからまだ我慢できたけど、痰壺チュルチュルとかやられたらもうダメwww
 不意打ちwww 桶狭間とか赤壁とかそんなチャチなもんじゃ断じてねえwwww
 さすが筒井康隆、発想がパネエwww
 気色悪すぎるwww

食欲度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 アーーーーッ!


 そして、折よくやってきました。
 包み焼きハンバーグ。
 ほどよくゾル状のゴルゴンゾーラが乗り、ビーフシチューのおかげで汁っぽいハンバーグ。
 やはり僕の想像は間違ってなかった。
 ただ単に好きだというだけでなく、特にアレを髣髴させるんではないかと思い、わざわざこの店、このハンバーグを選んだ僕の目に狂いはなかった。
 写真をお見せすれば、きっと納得していただけると思うのですが、特定されると営業妨害以外の何物でもないので自重いたします。
 この日記はフィクションであり、実在の団体とは何も関係がないのです。わかりますね?

 てかもうダメw
 ゴルゴンゾーラチーズ独特の臭いがこれほど生臭いものだと思ったことは人生初めてw
 アオカビチーズだって、知識から体感に進化したよ!
 これがK村編集長の仰ってた、新たな世界への開眼って奴かな!
 じゃがバター独特のホッコリ食感が、今日は喉に詰まるように感じられてダメ!
 ましてライスをビーフシチューで混ぜご飯とか無理www 残すwwwww

 まあ、1300円を失うわけにはいかないので我慢して食べたんですが、その後真の新発見がありました!
 口直しに食べたパフェがウメエ!
 これだってある意味、上にのってるソフトクリームがとぐろ巻いてるし、下の層はゲル状だったのに全然平気!
 やっぱ甘いものは別腹だったんだよ!
 知識から体感に進化したよ!
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://awamura.blog88.fc2.com/tb.php/125-d2bdb118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
.
.
.
.
.

 | Copyright © 赤光の閃光日記 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。