.
.
.
.
.

赤光の閃光日記2016年09月

ライトノベル作家あわむら赤光が書き綴る、閃光のように消えゆく可能性大のお気楽ブログです。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2016/09/27(火)
 はっはっは。
 いやー、ようやくカテゴリのところの「作品紹介」を(35)にできますよ。
 というわけで、皆様お待たせいたしました!
 拙著「聖剣使いの禁呪詠唱」18巻を10月にお届けできます。
 
 こちらからアマゾンさんに跳んで、あらすじとかも読めます。
 あ、予約受付も、もう始まってます。
 予約受け付けも、もう始まってます。

 内容について詳しくはアマゾンさんを参照ください(説明になってない)。
 ……ではなんですので、今回もチコっと内容に触れたいと思います。

 16巻のあとがきでも予告しておりました通り、静乃の前世の名前が判明します!
 今までずっと伏せられていた冥府の魔女の本名ですが、もちろん意図的にそうしてましたわけです。
 この「聖剣使いの禁呪詠唱」というシリーズを構想してからずっと温めていたというか、書きたかったエピソードを、ついに今巻で書くことができました。
 皆様にも「面白い!」「18冊もつき合ってよかった!」と言っていただけると幸いです。

 じゃあどんな風に判明するのかとかはさすがに本文を読んでください! ってことで、他のお話を。
 16巻からの続きとなるこの18巻ですが、そう、丈弦先輩が危ない橋を渡っていて、その後どうなっちゃうの!? て展開です。
 ヂーシンは捕えられましたし、熾場の不在を見計らって六翼会議のアジトに潜入したわけですが、六翼にはまだ他に危ない奴らがいるわけですからね!
 しかも、諸葉たちはまだロシアでのんびりバカンスしてるわけですから……。

 あらすじに書いちゃってますけど、その後、諸葉たちもアジトに突入しますけど、そのタイムラグに……ねえ?
 というわけで、丈弦先輩の命運がどうなるかもお楽しみに!

 もう一つ、あらすじに書いちゃってますけど、諸葉とレナードが激突します。
 そして、このエピソードもずっと前から温めていた、書きたかった対決です。
 レナードの初登場は9巻ですけど、構想自体は2巻のころから存在してまして。
 10巻以降、敵のくせに出番が多いキャラなのも、この諸葉との対決エピソードを見据えてじっくり積んできた、そういう構想だったりするんです。

 なんか今回、手前味噌すぎな新刊紹介になっちゃって恐縮ですが、それだけずーっと前から書きたかったお話が凝縮されてる、著者としても感慨深い巻ってことで、お許しください>< 

 そしてもちろん、refeia先生の素晴らしいイラストもぜひぜひご期待ください!

 サツキの凛々しい雄姿ってか横顔もすごいカッコいいですし、「丈弦せんぱああああああああい」て挿絵とか、見どころ満載です。
 あとネタバレなんで伏せますけど、とある敵キャラも、シュウ・サウラもオーラ抜群で、きっとテンション上がること間違いなしです!

 てな感じで、18巻もぜひお買い上げいただけるとうれしいです!!!




 
.
.
.
.
.

 | Copyright © 赤光の閃光日記 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.