.
.
.
.
.

赤光の閃光日記2014年12月

ライトノベル作家あわむら赤光が書き綴る、閃光のように消えゆく可能性大のお気楽ブログです。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
.
.
.
.
2014/12/24(水)


 諸葉が来いよサラティガだよ!
 サツキの胸が意外とあるよ!
 静乃のスペルがかっこいいよ!
 AJもW石動も春鹿もソフィアも丈弦も宗谷も出てるよ!
 そう、アクションシーンがすごくいいんです!
 でも、まーやのナレーションと校長先生の挨拶もじわっと来るよ!

 あわむらはもうずっと繰り返し見てて、ニヤニヤが止まりません。
 原稿が手につきません。
 クリスマスなんか恐くない!

スポンサーサイト
.
.
.
.
.
2014/12/23(火)
聖剣使いの禁呪詠唱《ワールドブレイク》11 ドラマCD付き限定特装版 (GA文庫)聖剣使いの禁呪詠唱《ワールドブレイク》11 ドラマCD付き限定特装版 (GA文庫)
(2015/02/16)
あわむら 赤光

商品詳細を見る



 ドラマCD!
 ドラマCD第二弾ですよ、奥さん!

 10巻から続いて二カ月連続刊行の「聖剣使いの禁呪詠唱」11ですが、こちらは特装版がございまして、なんとドラマCDが付いております。
 その予約締切日(2015年1月12日)が近づいてきたことに気づき、慌てて宣伝をしに参りました。
 こちら完全買い切り商品なので、書店様の店頭にはほとんど並ばないと思います。
 第一弾の時には、愛と優しさと冒険心にあふれた一部の書店様が並べてくださったと聞き及んでおりますが、やっぱりレアケース!w
 確実に手に入れるためには、ご予約されるのが一番だと思います。
 拙著ワルブレ9巻含む、GA文庫11月刊及び12月刊の中に入っていた、予約用のチラシに必要事項をご記入いただき、お近くの書店様までお持ちいただけるとバッチシです。

 今回もあわむらが脚本を書き下ろしております。
 ずばり、カルタです!
 諸葉との一日デート権を賭けた、女の戦争!
 サツキが、静乃が、レーシャが、マヤが、春鹿が、そして鬼副長が戦いますw
 え、諸葉さん?
 読み上げ係ですが何か?

 第一弾の時の脚本は想像を絶するほど苦労したのですが、あの経験もあってか、今回はとても楽しく書けました。
 それが皆様にとっても楽しいものであると幸いです。


 実は、アフレコ作業もとっくに終わっておりまして、あわむらも見学させていただきました。

 思い起こせば第一弾の時です。
 僕は一応は原作者ですので、きっと収録にはお邪魔させていただけるだろうとワクワクしながらMHを遊んでおりました。
 しかし、来る日も来る日も担当まいぞーさんからアフレコのアの字もない。
 原稿を催促されるだけの毎日。
 そろそろしないとマズイんじゃないの? と不思議に思うある日、まんたさんから「今日、ワルブレのアフレコあったんだってねー」と笑顔で言われました。

 !?

 なんだよそれ……聞いてねえよ……。
 きっと「のうりん」ドラマCDのアフレコの聞き間違いじゃないの?
「ワルブレ」と「のうりん」じゃ一文字も合ってないけど。

 と、不穏な空気が流れつつ、その場は「何かの間違いだろう」という結論になりました。
 まさかね。
 まさか、僕に声がかからないなんてね。
 ナイナイ……ハハハ……うん、ナイ……。

 そう思っていた二週間後、原稿を送った僕へのまいぞーさんのお返事。

「原稿、お疲れ様です! こちらも二週間前にドラマCDの収録が無事終わり(以下略)」

 !?

 やってくれたのう……。
 やってくれたのう、まいぞおおおおおおおおおおおおお!

 と、当時の僕は怒り狂って電話をしたのですが……。

まいぞー「あわむらさん、この原稿、お約束してた時期より大分遅れましたよね?」
あわむら「あ、ハイ……」
まいぞー「原稿を遅らせる作家さんには、ご褒美はないんです」
あわむら「ハイ……」

 自業自得><


 という涙なしに語れないエピソードがあり、前回はアフレコ見学できなかったんですが、今回はできましたああああああああああああああああ!

 気になるキャストの皆様ですが、

 灰村諸葉 役  石川界人さん
 嵐城サツキ役  竹達彩奈さん
 漆原静乃 役  悠木碧さん
 四門マヤ 役  小倉唯さん
 百地春鹿 役  内田真礼さん
 レーシャ 役  上田麗奈さん
 神崎斎子 役  小林ゆうさん

 です!
 アニメと同じ皆様です豪華!

 この日は音響監督の森田洋介さんに指揮を執っていただきつつ、ワルブレアニメの稲垣監督も駆けつけてくださって、監修をお願いいたしました。

 脚本こそ僕が書いたものですが、皆様のおかげでドラマCDは本当に面白いものに仕上がっております。自画自賛じゃなく胸を張れます。
 ぜひ、キャストの皆様の熱演にご期待ください!
 ぜひ、ご購入を検討ください!w
 そして、同じキャストの皆様が演じてくださる、放送間近のワルブレアニメの方も、ぜひお楽しみに!!!




.
.
.
.
.
2014/12/20(土)
 refeia先生の初画集、買って参りました!!

 それkwskという皆様はぜひ、refeia先生のサイトをご覧くださいませ。

レフェさん画集

(今から開ける瞬間の写真です。ドキドキです)

 そして、開けたあああっ。

 なんか、こー、画集の感想として適切かどうかわからない、怒られそうで怖いのですが、強い郷愁を感じてしまいました。

 一枚一枚ページを開くたびに、「あー、このイラストあった、あった」とか「そー、すごくよかったんだよー」とかいろんな思いが込み上げてきて、すごくいいんです。

 また、各イラストにrefeia先生のコメントが載ってて、定番の趣向ではあるんですが、やっぱりこれがいい!
 僕は先生のイラストの一ファンでしかないですが、先生と一緒に読み(読む?)進めているような錯覚に浸れるんですよー。

 ぜひ、皆さんの中の「refeia先生・ザ・ベスト」イラストを探してみてください。
 それを大判で手に入れた幸せを噛みしめてください。
 
 僕の中のベストはどれでしょーねー。
「全部好き(きゃっ)」
 ていう本音もあるんですが、記事として面白くないので敢えて踏み込みますと……。

 やっぱり「聖剣使いの禁呪詠唱」や「あるいは現在進行形の黒歴史」のイラストはどうしても贔屓目に見ちゃいますねw
 特に本文を自分が苦労して書いた思い出まで蘇っちゃったので、感慨深いです。
 でもこれは「イラストの楽しみ方」として反則かな!

 というわけで他のイラストに目を向けますと、「晴れた空にくじら」3巻の表紙イラストが印象深いです。

 古参のファンの方に怒られそうですが、僕がrefeia先生を強烈に意識し始めたのは、
本屋の売り場でこのイラストが目に焼き付いてからでして。
「ある黒」をスタートする時に、どなたにイラストをご担当いただくか、案を聞こうかとへんしうちょうに言われた時も、
このイラストを脳裏に思い浮かべながら「refeia先生にぜひオファーお願いします><」と即答したくらいです。

 その時はこんなに長くお世話していただけるとは想像してもなかったんですが、全くあわむらは幸せです。

 また、先生の著作である「萌え柄の教科書」の、肌の塗り方講座の回に使用されたイラストが、当時すごいインパクトがありまして。

 下世話な話、こー、「なんて実用的なんだ!!」的な衝撃が……ネッ
 やっぱり本能にダイレクトアタックは強いです。


 そんな感じでrefeia先生のイラストについて語りだすと止まらなくなるのですが、ぜひ皆さんも画集を舐めるように見ながら、一晩中本に向かって話しかけていただきたいです!!
 オススメ!!!







.
.
.
.
.
2014/12/18(木)
聖剣使いの禁呪詠唱 (1) (カドカワコミックス・エース)聖剣使いの禁呪詠唱 (1) (カドカワコミックス・エース)
(2014/12/26)
七桃 りお

商品詳細を見る


祝! コミック板「聖剣使いの禁呪詠唱」1巻発売!!

 皆さんお待たせしました><
 僕も楽しみで楽しみで待ちました><
 それくらい待! 望! のコミック版もうすぐ発売でございます~。
 七桃りお先生によるコミカライズ版でございます~。

 既に「月刊コンプエース」さんの連載でご覧の皆様も。
 コミック派の皆様も。
 ぜひぜひお手にとってくださいませ!

 小説から漫画へ、メディアを超えるのは簡単なようで難しいことですが、七桃先生が見事に原作を咀嚼し、漫画として最大限に面白いよう再構成してくださっております。
 あわむら大満足、大歓喜、太鼓判のコミカライズです!!!

 諸葉が剣を振るシーンに惚れてください。
 サツキの愛くるしさに萌えてください。
 静乃の妻力に悶えてください。
 巌の小憎らしい表情に怒ってください。
 コマから飛び出てきそうな《異端者》に注目してください。

 とにかく面白いこと請け合いですので!
 

 
.
.
.
.
.
2014/12/13(土)
聖剣使いの禁呪詠唱《ワールドブレイク》10 (GA文庫)聖剣使いの禁呪詠唱《ワールドブレイク》10 (GA文庫)
(2015/01/14)
あわむら 赤光

商品詳細を見る



 はっはっは。
 いやー、ようやくカテゴリのところの「作品紹介」を(25)にできますよ。
 というわけで、皆様お待たせいたしました!
 拙著「聖剣使いの禁呪詠唱」10巻を1月にお届けできます。
 そう、1月からスタートするアニメに合わせて、なんと9巻から中一カ月での刊行です!!

 上の画像からアマゾンさんに跳んで、あらすじとかも読めます。
 あ、予約受付も、もう始まってます。
 予約受け付けも、もう始まってます。

 内容について詳しくはアマゾンさんを参照ください(説明になってない)。
 ……ではなんですので、今回もチコっと内容に触れたいと思います。


 お陰様でついに二ケタ巻突入でございます。
 というわけで、あわむら的な隠し制作テーマは「原点回帰」であります。
 ヒロインたちとイチャイチャしていたら運悪く《異端者》に襲われてそのまま限界バトルに突入だぜ! 的なアレですね。
 とはいえもう10巻ですので、原点回帰しても今までの積み立てがある分、面白さはより膨らんでいる! ……と、いいな。
 そのご判断はぜひ皆様によろしくお願いいたします><

 とまれ、作中ではクリスマスであります!
 諸葉たちが校長先生のマンションにお呼ばれしてホームパーティーであります!
 今までパーチーなんてしたくてもできなかったあの子やこの子の浮かれっぷりにぜひご期待くださいませ~。

 そして、もう一つの見どころはバトル!
 こんな辺境のブログまで見に来てくださる皆様のため、しても僕が得をしないぶっちゃけトークをいたしますが……。
 実は7巻と9巻のバトル展開に関しましては、その巻を書いてる間に当初の構想を大きく変えておりました。

 7巻ではヂーシンと諸葉がもっと丁々発止とやり合う予定だったんですが、書いてる途中で「ないなあ……」と僕のゴーストが囁いてしまいました、ゴメンナサイ!w
 6巻でのVSシャルル戦は自画自賛するほど熱い戦いだと思えたんですが、7巻のあそこで諸葉とヂーシンがいい戦いやっても全然盛り上がらないって思っちゃったんですね……。

 なのでその分、熱はヂーシンが静乃たちをいぢめる方に回しました

 一方、9巻では当初の構想として「大規模バトルの中で、春鹿が他のすごい連中を差し置いて意外な活躍をする」程度のぼんやりした考えを持ってました。
 しかしこのワルブレシリーズを書いて来た結果、エドワードやシャルルや実戦部隊の皆の活躍もちゃんと描きたいなあって思うようなりまして、「じゃあ春鹿が一番活躍しつつも、皆が活躍できる状況ってどんなよ?」と考えまして、これがなかなか思いつかなくて、すごい苦労したんですね!w


 7巻9巻にそういう裏話がある一方、10巻のバトル展開は全部、シリーズ立ち上げ段階から構想し、担当さんにも秘匿し、温めていたものが、二年の歳月を越えてようやく書くことができたシーンであります!!
 その熱が、クオリティとして反映されているといいなあ、と思いつつ、そのご判断もぜひ皆様によろしくお願いいたします><


 refeia先生のイラストにもぜひ大注目してください!
 どうですよ、このカッコイイ表紙?
 今回、アレコレとネチネチとしかも具体性を欠く注文をいっぱいしてしまいまして、後になって僕は「それって要するに、『このシリーズを代表するようなイラスト書いてください』って言えば、一言でいえたよね」と気づき、俺はこんな表現力で物書きとして大丈夫なんだろうか……と人生の闇に直面する一幕もあったんですが、僕の注文の仕方がヘボでも、さすがrefeia先生です。
 そっと汲みとってくださって、完璧な「このシリーズを代表するようなイラスト」を描き上げてくださいました!!
 10巻を飾るのに、この他はない表紙イラストでございます。

 中のイラストに関しても、今回はrefeia先生がハマってくださったウサ子がチラホラ出ておりますので、気のせいかウサ子イラストは気合い入ってる気がしますね!w
 存在そのものがクリスマスプレゼントなサンタのお姉さんにご期待を!


 てな感じでぜひぜひお買い上げいただけるとうれしいです。
  
.
.
.
.
.

 | Copyright © 赤光の閃光日記 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。