.
.
.
.
.

赤光の閃光日記2010年04月09日

ライトノベル作家あわむら赤光が書き綴る、閃光のように消えゆく可能性大のお気楽ブログです。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2010/04/09(金)
 GA文庫ブログでこんな記事が載ってました!

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)


 ま、まさか、へんしうちょうがしかけたエイプリルフール……ってもうそのネタはいいですか?w しつこいですか?w
 スイマセンッシタ!

 毎度のことながら大変お待たせいたしました。
 むげりん3巻、5月発売でございます。
 どうぞ、よろしくお願いいたします。

 さて、今回のサブタイトルである「レディ・フェンサー」
 フェンスを作る職人さんのことです。
 サクヤが粗相をして職を追われ、フェンス職人さんとして再就職し、フェンス作りの世界選手権を目指すというお話しなんです。
 へんしうちょうもブログで「超展開」と書いてありますが、偽りなしです。

 と、Wでボケ倒すとモノ投げられそうなんで、真面目な話に戻しますと、「女剣士」のことですね。
(そもそもこのネタ二週間前から用意してたのに、拍手コメントで先にやられてしまいましたよ。まあ、こっちの話ですがw)
 とにかく、3巻のライバルさんです。
 表紙にバッチリ映ってます。
 せんむさんと編集部さんのご厚意でここに掲載してよいということですので載せちゃいます。
 ババーン。

3巻表紙
(クリックすると大きいサイズで見れます)
(無粋ですが、禁コピー、禁転載でお願いします!)

 せんむさんのイラストは毎度のことながら素晴らしいですねえ。
 まさかの百合展開!?どうですか、この活き活きとしたオニャノコたちは。
 思わず手にとりたくなるじゃないですか。
 なりますよね?

 そして……
 実はこのサブタイトルを決めるにあたって、K村へんしうちょうと一事件起きまして。


~~以下、回想~~

K村「この『レディ・フェンサー』ってサブタイさー。何とかならんー?」
あわ「え……? かっこよくないですか?」

K村「うん、かっこいいんだけどね。既刊に合わせて『―レディ・フェンサー―』ってすると、『ー―』のところがマヌケだと思わん?」
あわ「その発想はなかったわ……」

K村「なんとかならんー?」
あわ「じゃ、じゃあ、『―レディ・フェンサー!―』ってどうですかね? 我ながら自分の才能が恐ろしいほどの名案!」

K村「あのさ……自分ちの本棚みたことある?」
あわ「はい……?」

K村「背表紙のタイトルは縦書きでしょ?」
あわ「そらそうですが……」

K村「『ー!―』を縦書きにしてごらんよ」
あわ「いいモールス信号です。本当にありがとうございました」

K村「サブタイ百個作ってみるか?」
あわ「いやいやいやいや少々お待ちを。……そうだ、『レディ・フェンサー☆』なら縦書きでもおk!」

K村「…………」
あわ「来いよ担当おおおおおおお。実は俺はあと一回刺されたら(ry」

K村「……あわむら君に期待したワシが悪かった。『―レディ・フェンサー―』で行こう。まあ、字面にちょっと難があるけど、かっこいいのは確か」
あわ「(百年分の安堵)」

~~回想ここまで~~


という事件があったんですねえ。
(サトさん、裕時さん、ごめんなさい)

 そういう苦労した(?)経緯もあるむげりん3巻ですが、ようやく出版にこぎつけられたのは感無量ですよー。
 まあ、まだ一カ月以上先になるんですが……皆さま、ごめんなさい


 ところで、五月というとまだ新人賞フェアの対象になるわけですよ、奥さん。
 だから、編集部さんに「すんません、むげりん三巻欲しがってる友人がたくさんいるんで、見本は100冊ほどいただけませんか? あ、帯もまいとていてください」って頼んだら、50口応募できるじゃないですか!
 さすが俺! なんという策士!

 ……まあ、そんな応募ハガキ、抽選前に握りつぶされる罠……。

.
.
.
.
.

 | Copyright © 赤光の閃光日記 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.