.
.
.
.
.

赤光の閃光日記2009年09月07日

ライトノベル作家あわむら赤光が書き綴る、閃光のように消えゆく可能性大のお気楽ブログです。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
.
.
.
.
2009/09/07(月)
 今日は盟友のクロニカさんと遊びました。闘技場をやりたいそうです。

 僕も今まで闘技場は眼中になかったのですが、やるとなれば興味深々です。
 コントローラーのゲスト登録に苦労したり、モンハンの説明書でやり方を調べたら「Wii本体の説明書を見ろ」とたらい回しにされたり、Wii本体の説明書が行方不明で捜索に苦労したりと最悪のスタートを切りましたが、何とか闘技場まで辿りつきます。

 ほうほう、ドスジャギィにペッコ先生にボルボロスにロアルドロスのクエがあるのね……と眺めていると、横でクロニカさんが絶句しております。
「何でこんだけしかクエ出とらんねん……」と。そんなこと僕に言われても困りますよねえ。Wii様に文句言ってくれないと。
「おまえ、レイアとラギア倒したって言ってたじゃん!」とクロニカさんブチギレ。失敬な! ちゃんと倒したよ!
 しかし、よくよく聞くと対応するモンスの捕獲クエの方をクリアしないと闘技場のクエは解放されないらしいです。ムムム。

「待っててやるから、今すぐ捕獲クエクリアしてこい」とクロニカさん。そんな馬鹿な……。
 いや、レイア捕獲クエならいいのです。どうせチョー楽勝でしょう。
 問題はラギア捕獲クエ。
 もっというと水没林。
 そう、あの何度挑んでも即敗退した驚異のクエを、さっくりクリアしてこいと理不尽なことをクロニカさんが言うのです。

 しかし、あの日のあわむらと今のあわむらは違うはず。具体的には経験を積み、腕が上がっているはず。例えるならばあわむらターボくらいになっているはず。
 僕はそう信じ、ラギア捕獲クエに挑みました。水没林行ってきました。

 即敗退しました。

 無理無理。水没林狭すぎ。孤島なら大統領だって殴ってみせらあ。だけど水没林だけは勘弁な。
 あわむらがラギアにはねられるたびに横から舌打ちと失笑が聞こえてきます。
 なにこの拷問?

 仕方ねえ。かくなる上は最終手段を出すしかねえ。本当はやりたくなかったんだが……。
 ヘヘ、ラギアめ……キツいことやらせてくれるぜ……。

 というわけで、クロニカさんに「スイマセン、ラギア捕獲してください」と土下座しました。

 いや、わかってるんです! クリアできないからって人にやってもらうなんて無粋極まりないと! 情けないと!
 しかし、ラギア捕獲できないことには闘技場クエが発生せず、二人で楽しく遊べない!
 だからあわむらは敢えて、己の信念とプライドを曲げ、友情をとったのです!
 義に厚い男なのです!
 おわかりいただけますね?

 わかっていただけたところで、クロニカさんが僕の代わりにマイキャラを操り、水没林に出発します。
 ちなみにクロニカさんはP2Gの時点で、モンハントータルプレイは4000時間を軽く超える廃じ……猛者。
 ジャンボ村、ドンドルマ、ポッケ村、モガ村と現住所を転々とし、狩猟生活の合間にリアルをやっているプロハンターなのです!
 僕がドスで「ギルコ欲しい……」と言うと、「一人でとってくればいいんじゃね?」と笑顔で答え、実際至難と評判の闘技場ディアブロス2頭クエを、分断もせず大剣でクリアしてしまう男なのです。
 僕がP2Gで「レイアの天鱗欲しい」と言うと、「ゲキテンクリアすりゃよくね?」と笑顔で答え、実際至難と評判の闘技場激昂ラージャン2頭クエを、分断もせずクリアしてしまう男なのです。
 僕が「ゲキテンかよw 竜王の系譜(闘技場金銀レイアレウス2頭クエ)じゃないのかよw」とツッコむと、「咆哮大がある分、竜王の系譜の方が難しくね?」とわけのわからない理屈を言う男なのです。
 オタクには自分の世界がある。例えるなら空を翔ける一筋の稲光なのです。

 そのプロスキルを盗もうと目を皿のようにするあわむら。
 ええ、盗もうと思って盗めりゃ世話はないんですよ。
 結局クロニカさんは基礎を徹底してるだけで、別に珍しいことはしない。当り前のことを当たり前に高速高精度好判断でやってるだけでね……。
「そうか! そんな裏技があったのか!」なんてことは一切ないわけで……。

 僕が己の無力さに絶望している間に、横でさっくりラギアさん捕獲しちゃったんです。
 これあれだよね!
 たまたま世界一弱いラギアが出てきただけだよね!
 でもって僕の時は世界一強いラギアが出てきただけだよね!

 あるいはラギアがクロニカさんと戦う時はデレただけで、僕と戦う時はツンだっただけだよね!

 などと苦しい言い訳をしつつ、その後どうなったかはまた明日~(まさかの続きものです!)
スポンサーサイト
.
.
.
.
.

 | Copyright © 赤光の閃光日記 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。